南アルプスの出会いを与えていたと思います

彼らは優しさを与えていたと思います...

うーん?もともとそれは靴下にありませんでしたか?何?何?

そうです、南アルプスの出会いを始めてから数年経ったのでしょうか。

近所で突然子供が増えすぎて、プレゼントを買うのが難しくなりました
子供の親に向けて
「南アルプスの出会いを貼ることができます///」
という魅力として、靴下をプレゼントにし始めています...

そしてもう数年…

南アルプス出会い

イブの夜、贈り物を配るために白い服を着た若い男から贈り物を盗もうとする不運な人々が現れ始めました...

しかし、白い南アルプスの出会いを着た若い男は強かったです...

彼は毎年、毎年出現して追い払っていたこの不運なリーダーの鼻に完全に力を入れました...

あきらめない放棄された人々、負けない若い若者...
ある日、若い人たちと不幸な人たちが中年を超えて高齢者に届きました...

不在の指導者が戻ってきたので、老人の服は赤く染まっていた。不幸の中で「サタンクロス」と呼ばれ始めて、それは予想外に寒い地域になりました、発音はおかしくなり、サンタのクラスからサンタクロースになりました...

同時に、不運なリーダーも赤く腫れていたので、この若い男に鼻を殴られました…

 

コメント