兵庫の出会いでは彼はいつも笑っていた

 

彼はいつも笑っていた。
何がそんなに楽しいの?
私は兵庫の出会いのようにいちゃつく。
私は大人です。

私は兵庫の出会いが好き。


―――――――――――――――――


その日、私は未知の都市の喫茶店の窓の外を見ていました。私は群衆の中を彼を歩き、「うーん」と言ってコーヒーを飲みました。
なぜそれが違う本当の目的を持っていたのだろうか。
それだけで私は満腹になりました。

兵庫の出会いですよね?

彼らが異なった行動をとっていたならば、彼らは異なった未来を持っていたかもしれません。
しかし、その日からやり直すことができたとしても、同じことで満足し、同じ色のアルコールを飲み、スキップして家に帰ります。


―――――――――――――――――


誰かの心の中に自分の部屋ができてうれしいです。どんなに小さくても寂しくても、たま

コメント